派手さはなくても、「存在感」のある能登杜氏の酒づくり。

明治元年に創業。小さい酒蔵ですが「100石酒屋」と胸を張って酒を造ってまいりました。能登輪島の地で地元の米・水・人によって酒を醸し、地元重視の酒蔵でいればいいと思っておりました。それは100石で充分に達成できておりました。さらに少しでもより多くの方にこだわりの味を味わっていただこうと新しいことに挑戦し、商品化しております。派手さはありませんが、飲めば飲むほどに存在感を感じていただける酒づくりを目指しています。

商品紹介

お知らせ